整体師として活躍するには資格を取得すべし

ウーマン

薬や手術を用いない技術

学生

西洋医学も取り入れる技術

日本伝統である柔道から、西洋医学を取り入れて出来たものが、柔道整復と言われます。打撲とか脱臼、捻挫、骨折等いったケガを手技を用いて治す治療方法です。人が持つ自然治癒力を活かし、回復に向かわすため、薬や手術などを用いることはありません。身体に余計な負担をかけない施術として、人気にもなっています。その中で、柔道整復師が大切にしていることは、治療に来られた患者さんにキチンと向い合い、身体だけでなく心のケアも行なうことです。この柔道整復師になるためには、柔道整復師専門学校もしくは大学を卒業し、その後国家資格の取得が必要になります。その専門学校の中には、夜間授業を行う所もあり、一度社会人になった人の転職も可能となっています。

健康保険が適用になる

柔道整復師の施術を受けるメリットとしては、健康保険が効くということです。ですが適用範囲があるため、施術を受ける前にキチンと確認しておかなければなりません。そのため疲労による肩こりとか、負傷原因のない筋肉痛などは保険の対象にならないと知っておきましょう。更に長期に渡る治療になった時は、内科的な要素がないのか医師と相談することも必要になります。また、現在の専門学校では、柔道整復師の仕事だけでなく、スポーツトレーナーなどの仕事に就けるように、幅広い授業も行われるようになっています。また専門学校によっては、針灸師資格取得などの講座も用意され、一つだけの資格だけでなく、ダブル資格を有する人を育て上げることも多くなりました。